ジュニア水泳ハウ・トゥ・レッスン

エンジョイスイミング ジュニア水泳「ハウ・トゥ・レッスン基礎編」

ジュニア水泳「ハウ・トゥ・レッスン基礎編」とは?

これから泳ぎを覚えようとしている子供たちに「ホンモノの泳ぎ」を伝えましょう。「子供への水泳指導の方法がわからない」、「アドバイスのポイントを知りたい」、「家庭で泳ぎを教えたい」などと考えていらっしゃる方のために、4泳法を正しく指導するためのドリル練習や、補助の方法を分かりやすく解説しました。泳法ごとに25メートル泳げるようになることを目標としています。指導方法を正しく理解して、子供たちの指導にお役立てください。

※このDVDには練習カリキュラムが付随しています。このディスクをDVDドライブが使えるパソコンに挿入すると、PDFで作成された練習カリキュラムが確認できると同時に、プリントアウトもできます。泳法ごとに、1回60分の中で展開するカリキュラムとドリルが紹介されていて、泳ぎを身につけるまでのプロセスを分かりやすく確認することができます

ジュニア水泳の内容

1泳法ごとに「ヘルパーを付けた指導方法」と「ヘルパーを付けない指導方法」の2本立てになっています。また、各泳法の特性と指導要点を説明したドリルが紹介されています。

「ヘルパーを付けた指導方法」とは

浮力を調整することで、時間をかけずに自然に水平姿勢に近づける指導方法です。ヘルパーの浮力を段階的に減らすことで姿勢づくりに時間を費やすことなく練習できます。
泳法を覚える順序としては、

  1. ヘルパー付きの背泳ぎから始め
  2. ヘルパー付きクロール
  3. ヘルパー無し背泳ぎ
  4. ヘルパー無しクロールの順序で、背泳ぎとクロールを交互に練習をする
  5. その後平泳ぎ、バタフライへと練習の領域を広げます

「ヘルパーを付けない指導方法」とは

姿勢作りにポイントを置きます。姿勢作りのために顔を水につける必要があるため、初歩の段階から呼吸練習を重視していきます。
泳法を覚える順序としては、

  1. 泳ぎの基本であるけのび姿勢から始まり
  2. それを活かしたクロールを覚え
  3. 反対向きの背泳ぎを練習し
  4. さらに平泳ぎ、バタフライへと練習の領域を広げます

ダイジェストムービー

ジュニアハウ・トゥ・レッスン基礎編のダイジェストムービーはこちらからご覧ください


指導にあたって

子供たちには、まず水の中で遊ぶ楽しさを伝えてください。水に対する恐怖心を和らげ、水に慣れ、親しむことで泳ぎの技術を習得させましょう。何よりも子供たち自身が水泳を「エンジョイ」できるように、サポートしてください。


※練習を行なう際は、子供たちの体温低下に十分注意してください。1回の練習時間は1時間を目安にして、1度に長時間の練習は行なわないで下さい。

2007年4月26日発売 DVDロゴ  ISBN978-4-9902136-3-3 C0875 \ 12000
 DVDビデオ全1巻
 販売価格:本体価格12,000円+税
 /77分収録

注文ページへ

©2005-2017. Cruise Communications, Inc. All Rights Reserved.